海外でも簡単においしい焼き魚が食べれる! エアフライヤー調査結果

オーストラリア情報
オーストラリア情報 パース生活

こんにちは。けいです。

最近私の周りでエアフライヤーの話を聞く機会が多々ありました。

エアフライヤーを実際買った人の話を聞くと、とても便利で、冷蔵庫に入れておいたピザもエアフライヤーで温めると出来立てのようにおいしくなるよ!と聞いていたので興味をそそられていました。

エアフライヤーで気づいたことや、オーブンとの比較をしてみました。

エアフライヤーの種類は機能も値段もいろいろ

調べていくうちに、エアフライヤーもブランドや値段もいろいろで出来上がりもそれぞれ違うみたいというのが分かりました。

ちなみにオーストラリアではKmartのエアフライヤーが値段もお手頃のため大変人気のようです。

エアフライヤーの種類

エアフライヤーの種類をまとめると、こんな感じです。

  • アナログで時間と設定をするだけのもの
  • デジタルで時間と設定をするだけのもの
  • 肉、魚、野菜など簡単な時間と温度の設定機能、余熱、保温機能があるもの
  • 途中でひっくり返さなくてもよい機能があるもの
  • ボタンを押すだけで、AIが時間と温度を計算してパーフェクトに仕上げてくれるもの
  • バケツタイプとオーブントースタータイプの2種類
  • 2L、3.5L、5.7Lなどのサイズ(4人家族の場合5L以上がちょうどいいみたいです)
  • 値段は$70-$600までで、ブランドもあるけど主に機能によって値段が違う印象

わが家もはじめはオーブンがあるのにそんなに使うのかなー、高いエアフライヤーは$600もするけど買って後悔したくないな。。などいろいろ考えました。

結果、使い勝手を知りたいから初めはそこまで値が張るものでなくてもいいや!とりあえず使ってみよう!ということになり、コストコでたまたま見かけたエアフライヤーを買ってみました。

コストコのエアフライヤー

コストコ エアフライヤー

コストコで買ったGourmia(ゴーミア、ゴウミア?)とうエアフライヤーAUD$73で5.7L 入ります。

コストコ エアフライヤー

こんな感じです。でかいです。
使い方は簡単、電源ボタンを入れて時間と温度を設定するだけ。「肉」「魚」など時間と温度が設定されているボタンもあります。

このバケツの中に入れて調理します。
下の網の下に余分な油が溜まるようになるので、食べ物には油まみれになることはないです。

エアフライヤーで何ができる?

英語名のAir Fryerから想像がつきますが、油を使って揚げる代替として開発されたエアフライヤーですが、その使い道もアイデア次第でなんでもできるといった感じです。

オーストラリアでは冷凍ポテト冷凍ピザ冷凍チキンナゲットなど、冷凍食品を調理するのに使っている割合が多いようです。 簡単だもんね。

できあいの冷凍食品以外の調理だと、

  • 肉料理 手羽先、ドラムスティック、胸肉、ラム、ステーキ、ポーク なんでも!
  • カリカリベーコン カリカリじゃなくてもできる!
  • ソーセージ これも定番ね
  • 焼き魚 種類はなんでも!!
  • ドライフルーツ リンゴ、バナナ、パナップル、イチゴ、マンゴーなど
  • ドライハーブ 自家製ハーブもドライにできる!
  • ケーキ
  • スコーン
  • クッキー
  • ロースト野菜 ジャガイモ、ニンジン、ビートルートなど

などなどアイデア次第。

エアフライヤーは通常のオーブンでできるものはなんでもできるのではないかと思います。 

オーブンと比べて小さめなので、エアフライヤーに入りきらないサイズはオーブンを使うようにしたらいいかなと思います。

私が実際に作ったもの

エアフライヤー オニオンリング

一番初めに作ったオニオンリング
サクサクでした。

ポテト エアフライヤー 

子供が大好きなチップス
こちらも10分くらいでサクサクに

 

唐揚げ エアフライヤー 

唐揚げは油で揚げるより遥かに簡単にできました

200度で15分くらい。カリカリに

そして、海外にいる日本人に声を大にして伝えたいのが焼き魚です!

今までフライパンで焼いていましたが、日本の魚焼き機で焼くのとは程遠い仕上がりに。おいしくはあるのですが、焼魚が食べたいといつも思わずにはいられない仕上がりに。。)

外がカリっと中はジューシーな感じのパーフェクトな焼魚が食べたい!心の声

けど、このエアフライヤーでサーモンを焼いてみたところ、パーフェクトにできたんです。(私の海外生活で一番の出来!)

エアフライヤー 焼き魚
外は少しカリっと中はジューシーなサーモン
190度で9分でできました。早!

とても美味しかったです(~ ̄▽ ̄)~

オーブンとの比較

余熱がほぼなし、調理時間も激減!

一番便利だなーっと思ったことは、余熱する時間がほぼないということです。

私が買ったエアフライヤーは余熱機能がありますが、余熱は大体1分か長くても2分。

オーブンだと大体10-15分の余熱が必要なので、時間の配分を気にしなくていいので助かります

けい
けい

冷凍ピザを作ってみたところ、余熱込みの9分くらいであっという間にアツアツのピザが出来上がりました~

オーブンよりも消費電力が低い

オーストラリアや欧米の家庭用オーブンは通常3000ワットくらいです。

小さい2Lくらいのエアフライヤーだと1000ワット、5.7Lだと1600ワットくらいなので、かなりの省エネになりますね。

余熱がほぼないのでその分の電力が必要ないのも嬉しいです。

エアフライヤーのここが好き

まず使ってみた感想ですが、一言でいうといろいろな時間が短縮できて便利です。

火を使わないから放っておける

コンロに実際に火をつけて調理するわけではないので、バケツに入れてその場を離れてもOK!

ときどきどんな感じかバケツを開けて確認すればいいだけです。

油が飛び散らなくて掃除ほぼなし

エアフライヤーは密封されて調理している状態なので油が飛び散ることはありません

フライパンのようにコンロや壁などの掃除をしなくていいのです。嬉しい!

エアフライヤー内の汚れた部分を拭き掃除のみすればいいので楽です。

エアフライヤー

洗い方や掃除も簡単

使い終わった直後は食べ物のカスがカリカリになってこびりついていますが、エアフライヤーのバケツはテフロン加工がしてあるので、15分ほど水につけておけばゴシゴシこすらなくても簡単に洗い流すことができます

面倒であれば食洗器にそのまま入れることもできますが、バケツ自体は重くはないので手で簡単に洗えます

まとめ:私の感想

結論はまずエアフライヤーを買ってみてよかったです。

エアフライヤーのいいところをまとめると、

  • 余熱なし
  • 調理がとても速い → 省エネ
  • ファンがパワフルなので表面カリっと仕上がる
  • 後片付けがラク
  • 油を使わない分ヘルシー

エアフライヤーを買って一番嬉しいと思ったのはやはり焼き魚がおいしくできることです。

こんなにも簡単においしい焼魚ができてしまうなんて目から鱗でした。

まだエアフライヤーで魚を焼いたことがない方、おススメですよ!

敢えて難点をいえば、場所をとるところですね。(わが家もコンロの隣に置きっぱなし。。。)

今こんなにも便利なものだと分かったので、いつかAI搭載のボタンを押すだけですべて計算してくれるエアフライヤーが欲しいなと夜な夜な夢を見たいと思います。

Premium Airfryer XXL HD9861/99
憧れのPremium Airfryer XXL 
HD9861/99

コメント

タイトルとURLをコピーしました