知っトク!西オーストラリア州のハチミツ

オーストラリア情報
オーストラリア情報パース情報

こんにちは。けいです。

今年3月にシンガポールへ友達の結婚式に行った際に、何人かへお土産を買っていきました。

シンガポールの人は健康志向の人が多く、私の友達はコーラやインスタントラーメンなどの化学調味料や白砂糖を一切食べないほどの徹底ぶり。(私もシンガポール時代はヘルシーなランチを探し回っていたほどですが、パースに来て以来脂っこいものばかり食べているせいか体重が10㎏も増えてしまい、友達に会った時正直少し恥ずかしかったです笑)(フルタイムで働いていた時のほうが体調管理はきちんとできていましたね)

そんな健康志向の人向けでもそうでない人へのお土産でも西オーストラリア産のハチミツは誰からも喜ばれるギフトになるのでとってもおすすめです。

ハチミツの甘さは天然のもの(ブドウ糖と果糖)で砂糖とは違い血糖値は急激には上昇しません。カロリーも低いので高血圧の人への砂糖の代用として使われています。

ハチミツの効能も今いろいろと研究をされており、次々と身体に良いことばかりが発見されています。また西オーストラリア産のハチミツは蜂の病気がほとんどない環境で採られるので、苦みがなくとってもまろやかな味で美味しいんです。

けい
けい

私はパンケーキはメープルシロップでなく、ハチミツ派です。

西オーストラリアのはちみつの種類

西オーストラリアでは沢山の蜂蜜の種類があります。ですのでそれぞれ違った色や味が沢山あります。

こちらはパース近郊のよく見る蜂蜜の一部です。

Blackbutt Honey ブラックバットハニー

ユーカリ系のトティアナの木から採れる。
滑らかな口当たりがユーカリ系の木の蜂蜜としては珍しい。少しダークかかった色はミネラルがたくさん含まれている証拠。焼き菓子などに使うと美味しいとされています。

picture source: bpginc.info

Banksia Honey バンクシアハニー

バンクシアの木から採れる。20種類以上あるバンクシアの花の香りがある。寒い季節になると結晶化するのが早く、大きな顆粒はまた違った食感がある。バターを塗ったトーストにストロベリージャムと一緒に食べるととても美味しいです。

Whitegum/Wandoo Honey ホワイトガム/ワンドーハニー

ユーカリワンド―/パウダーバークワンドーの木から採れる。薄い色とキャラメルのようなスムーズな食感と風味のある。寒い季節になるときれいな細かい顆粒になる。

Wildflower Honey ワイルドフラワーハニー
Wild flower

季節のワイルドフラワーから採れる。スムーズで軽い口当たり。花の風味が特徴的でその風味もその季節に採れるワイルドフラワーによって変わる。ユーカリ系のハニーより甘く、寒い季節になるときれいに細かい顆粒になる。

Jarrah Honey ジャラハニー

西オーストラリア固有のジャラの木から採れる。色は濃く、濃厚なキャラメルの様な食感。グルコースが低く、フルクトースのレベルが高めなのでそんなに甘くはない。医療にも使われることから”ヒーリングハニー”とも呼ばれえる。ニュージーランドのマヌカハニーよりも抗菌化作用が高いとの研究もある。環境問題や人気もあることから希少なハニー。

Redgum/Marri Honey レッドガム/マリハニー

比較的軽いが少しシャープな口当たり。抗酸化作用が高いため、レッドガム(マリとも呼ばれる)は濃厚で特徴的な風味です。肉のマリネやパンなど料理に使用すると美味しくなります。最近の研究ではレッドガムはジャラ同様にヒーリングハニ―としての効能が注目されています。

Karri Honey カリハニー

カリの木から採れる。薄いゴールドカラーで繊細な甘みがある。寒い季節になると1-2か月で結晶化し、よりスムーズな口触りになる。マヌカハニーのようにバイオアクティブの成分が入っている優秀なアクティブハニーヒーリングハニーとしても知られている。

西オーストラリアの蜂はとってもか弱い

西オーストラリアにいるハチは固有種でアピスメルリフェラ(Apis mellifera )という種類です。

西オーストラリア州にいる蜂は病気やペストのほとんどない環境で育っている為、外から菌が持ち込まれると敏感で死んでしまう恐れがあります。オーストラリアの他の州にいるハチが持っている一般的な病気も西オーストラリアのハチたちにとっては脅威としかありません。

その為このハチは政府の厳しい監視下の元大切に守られています

蜂が病気に感染しないようハチミツ自体やハチ関連の道具の持ち込みは国内からの持ち込みでさえ規制を作り禁止しています。

数年前にパース近郊の養蜂場で病気が混じっていた花粉を使用し、開花した後にハチに蜜を採取させようとしました。しかし後からその花粉に病気が混ざっていたことを発見し、大量のハチが死んでしまったことがありました。感染したハチがよそへ行って他の蜂に感染してしまわないよう大量のハチの箱などすべて廃棄しなければいけなかったので経済損失も大きかったそうです。その後その養蜂場は花粉を扱っていた会社を訴えたのですが、このように他の場所にいるハチは大丈夫でも免疫がない西オーストラリアのハチは簡単に死んでしまうことがあります。

けい
けい

西オーストラリア政府は独自の規制をつくり、病気に敏感なハチちゃんたちを守っているのも納得ですね。

ハチミツの効能と栄養成分

はちみつの栄養成分

はちみつの栄養素は糖分の他に沢山のミネラルやビタミンが含まれています。

主な栄養成分

ミネラルナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄など
ビタミンビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなど
アミノ酸バリン、アルギニン、ロイシン、イソロイシンなど
ポリフェノールカフェ酸、ρ-クマル酸、フェルラ酸、クリシンなど
有機酸グルコン酸
参考サイトhttps://kawashima-ya.jp/

はちみつの効能

はちみつの良いところって本当に沢山あります。

生はちみつのほとんどに抗菌作用抗酸化作用があります。

西オーストラリア産のジャラ/レッドガム/マリハニーは特にこの2つの効果が高く医療でも使用されています。そのため別名「ヒーリングハニー」とも呼ばれています。

こちら主な効果になります。

  • 疲労回復
  • 整腸作用
  • せき止め
  • 高血圧の緩和
  • 動脈硬化の改善
  • 口内炎の緩和
  • 美肌効果
  • 記憶力向上
  • 老化防止
  • 不眠症改善
  • 虫刺され  
  • etc ….

また蜂蜜にポリフェノールが沢山含まれているので子供の学習記憶にも役に立ちそうですね。

最近の研究では骨粗しょう症(骨粗鬆症)にもはちみつの効果絶大という研究結果も出ていて高く評価されています。

調べていく中で書ききれませんでした。いやー本当に沢山ありますね。

老化防止や記憶力向上の効果があるなんてもう毎日食べるしかありませんo(*°▽°*)o

けい
けい

毎日スプーン一杯くらいでも効果を発揮するそうですよ。私は毎朝のコーヒーに砂糖の代わりとして入れてます。

はちみつはどこで買える?

西オーストラリアには小さい個人で蜂蜜を作っているところから大きな養蜂場まで無数存在しています。

西オーストラリア産のハチミツはスーパーや薬局で手軽に買うことができますが、すべてのブランドをスーパーで見つけることはできません。人気があるものや希少なハチミツは大手スーパーの棚で見つけることは難しいです。

個人が作ったはちみつを買う場合

個人が作ったはちみつを買う場合は、週末に各地で開かれているファーマーズマーケット(farmers market)郊外のスーパーや商店など比較的簡単に質の良いはちみつを見つけることができます。

わが家もいろいろなところへ行ったついでに珍しそうなハチミツを買って食べ比べをしています。

あとGumtreefacebookのMarketプレイスで売ってる人もいるので、運が良ければ良質なハチミツが手ごろな値段で買えるかもしれません。

養蜂場のはちみつを買う場合

ジャラ/レッドガム/マリハニーなどは希少なため大手スーパーではなかなか見つけるのが難しい場合があります。

大きな養蜂場は直営のお店がある場合がありますが、ホームページから直接オンラインで買えるところやメールでオーダーするのみの所もあります。

こちらパース近郊の大きな養蜂場になります。(リンクあり)

観光でパースを訪れる方はプランに養蜂場を入れるか、来る前に事前に宿泊所まで届けてもらうのもいいかもしれませんね。

Beekeper

西オーストラリア産のハチミツは全て純正の生ハチミツですが、それ以外の地域や海外で買う場合必ず「Raw」(生はちみつ)とラベルがついているものを買うようにしてください。砂糖が混ざっているものもあるので、要確認です。

まとめ

西オーストラリア産のハチミツは味に深みがあり、比較的濃い色のものが多い印象があります。

ハチミツの抗酸化作用は色の濃さと比例していると言われています。

西オーストラリアは一年の日照量が世界トップクラスの地域です。植物も紫外線と乾燥からから身を守るため抗酸化作用が高い成分を出していると言われています。そのためはちみつにも抗酸化作用の成分が出て自然と色が黒くなっているのですね。

はちみつの効能は素晴らしいものばかりで、これからもいろいろな研究で未知の効果が発見されるのではないでしょうか。毎日少しずつでも蜂蜜を摂るようにしたら身体の不調がいつの間にか治ってしまうかもしれませんね。

参考サイト :https://www.westcoasthoney.com.au/, https://kawashima-ya.jp/,

コメント

  1. Hi there! I loved reading your blog! I did use google translate so I could read it in English but it was so refreshing to see someone take this much interest in honey. We are from an apiary here in Perth, WA as well called Bee Happy. We have been around for over 40 years but are a little behind on the website front and our old website wouldn’t have been able to provide you with any information to add to this blog unfortunately.

    We actually found your blog research honey online for some extra ideas and have a blog on Jarrah honey being added to the website in the next coming days. We would love for you to have a look at it and perhaps our new website can provide you with some extra information if you ever wanted to update your blog? We produce all of the same honey you have mentioned but also make Honey Chocolate. Perhaps we could even get a mention on your blog at some point in the future if we can add some value.

    Well done again on the blog. I know this is just a comment box so I may try and email you as well.

    All the best,

    Bee Happy Organic

    • けいけい より:

      Hi Ruth!

      Thank you for reading my blog 🙂
      It’s a great pleasure to know that non-Japanese people also read my blog.

      I love to introduce and write about Australia especially Western Australia, and Yes definitely I want to write another blog referring to your new website and introduce your honey as well:)
      Chocolate honey sounds so yummy too:)

      Thank you & Regards,
      Kei

タイトルとURLをコピーしました