,

コンブチャ大国に住むにあたって

まめ知識
まめ知識

こんにちは。けいです。

先日お友達からコンブチャの株をいただきました。

コンブチャといえば今や欧米ではスーパーでも必ず棚に並び、お洒落なカフェでもコンブチャを出しているほど大人気な発酵ドリンクです。

50年くらい前の日本で一時期流行っていたそうですが、今は日本よりアメリカを中心とする欧米諸国に大人気の健康ドリンクとなっています。

ここオーストラリアでもアメリカほどスーパーの棚ぎっしりにとはコンブチャは並んではいませんが、スーパーでは必ず見かけますね。

スーパーだと300mlくらいで$3-4くらいです

もうご存知の方がほとんどだと思いますが、つい最近「コンブチャ」を「昆布茶」と思い込んで飲み、噴き出してしまった人が身近にいるので念のために言います。「コンブチャ」は「昆布茶」ではありません。飲み物ではありますが昆布も入っていません。

では何者なのか?

近年コンブチャを飲むことで知られざる効果がいろいろ発見されており、身体にいいことばかりです。しかし気を付けなければいけないこともあります。

コンブチャとは

コンブチャのもともとの起源は中国との説があり、2200年以上も前から愛飲されてきました。その後ヨーロッパに広まり、腸に有益な飲み物として重宝されてました。

コンブチャは特定の菌株酵母砂糖そして通常緑茶か紅茶のどちらかを使い、1-2週間以上発酵させた飲み物です。微炭酸で少し酸味があります。

この過程で菌と酵母からキノコような(?)株を液体中に作ります。形はきのこのではないかもしれませんが、菌類らが作りあげる物体なのでコンブチャは「紅茶キノコ」とも呼ばれています。

スクビーは身体によい菌の塊

コンブチャの「キノコのような株(かぶ)」は菌と酵母の共生コロニー、通称スクビー(SCOBY)とも呼ばれ、コンブチャを発酵させるのに使われます。

scoby
スクビー(SCOBY) 
グ、グロい。。

緑茶か紅茶と一緒に砂糖を入れて発酵させます。パンを作る時と同じですね。酵母は糖分を食べて発酵していきます。

なので最初に沢山の砂糖を入れ作りますが、酵母が糖分を分解して発酵するので出来上がりはそれほど甘くありません。

発酵の過程で酢酸や酸性の物質などが作られ、それらは後に炭酸化します。炭酸化するので微量のアルコールとガスも生産されます。これが微炭酸になります。

コンブチャは微炭酸でそれほど甘くないというのが本来の味です。

スーパーなどで売られている市販のものは後から砂糖が加えられていたり、濃いフレーバーがついていたりするので、糖分の摂り過ぎに注意したいところです。

コンブチャの効果

コンブチャの効果はまだまだ研究途中でまだまだ未知の効果が期待されています。今時点で確認されているスーパーフードと呼ばれる効果を一部紹介します。

コンブチャはプロバイオティクスの宝庫 

コンブチャには沢山の菌が含まれています。プロバイオティクスの一つである乳酸菌も何種類か含まれており、消化吸収、炎症緩和や減量などに効果があるとされています。

コンブチャを飲むことで、より健康的になると言ってもいいですね。

緑茶と同じ効果が期待できる

緑茶からコンブチャを作る場合でも、通常の緑茶の効能は失われません。緑茶はとカロリーを消費し脂肪を減らし、コレステロール値や血糖値を正常に戻したりする効果があります。

研究によると、緑茶を頻繁に飲む人は前立腺癌、乳癌、結腸癌のリスクが低いことも示されています。

コンブチャを緑茶から作ることで緑茶の効果とコンブチャの効果で相乗効果が期待できそうです

強い抗酸化作用

緑茶から作る場合、体内で強力な抗酸化物質として機能するポリフェノールも豊富に含まれています。特に肝臓への抗酸化作用が強いという研究結果が出ています。

定期的に有毒な化学物質によって引き起こされる肝毒性が、コンブチャを飲むことにより少なくとも70%減少することが明らかになっています。

心臓に良い

マウスを用いた研究ではコンブチャを継続的に飲むことにより悪玉コレステロールと善玉コレステロール値が最短30日で劇的な改善がみられてた報告があります。

またお茶(特に緑茶)が悪玉コレステロールの粒子を酸化から保護することで心臓病の予防に大いに貢献しています。(緑茶そのものでは31%の心臓病のリスクを下げると言われています)

2型糖尿病に効く

日本人の糖尿病患者の90%以上がは2型糖尿病と言われています。血糖値を下げるインスリン作用がうまく働かなくなった状態です。

糖尿病ラットを用いた研究では、コンブチャが炭水化物の消化を遅らせ、血液中の血糖値を低下させることがわかりました。また肝臓および腎臓機能を改善も見られました。

緑茶そのものは18%の糖尿病のリスクを減らすことが分かっており、緑茶から作られたコンブチャでは現在研究中ですが、相乗効果でよりいっそう糖尿病のリスクを減らすと推測されています。

癌細胞の繁殖を抑える

研究では、コンブチャは高濃度のお茶からのポリフェノール抗酸化作用が癌細胞の増殖と拡散を防ぐことを証明されています。

お茶のポリフェノールがどのように癌を抑圧しているのかはまだ解明されていませんが、ポリフェノールは癌細胞の遺伝子変異と増殖を阻害すると同時に癌細胞を消滅させる役割もあると考えられています。

緑茶から作られたコンブチャは現在研究中ですが、このことからいろいろな種類の癌を抑制する働きがあると考えられています。

妊婦さんと子供への影響

コンブチャは有益な飲み物として知られていますが、手作りのコンブチャは妊婦さんや子供は飲むのを控えたほうが安心です。

細菌

個人で作られたコンブチャは細菌が多く混じっている可能性があります。

細菌が混じっていたり、発酵し過ぎているコンブチャは食中毒になる恐れがあり、最悪の場合重症化するので気を付けてください。

アルコール

また家庭で作られているコンブチャには3%のアルコールが通常発酵途中でできてしまいます。

細菌とアルコールの心配があるので妊婦さんや子供は手作りのコンブチャを飲むのは避けておいたほうがいいと思います。

市販で売っているコンブチャは衛生的でアルコール度数も0.5%程で安心して飲めますが、微量なりともアルコールが入っているので妊婦さんは避けておいたほうがベストでしょう。また市販のコンブチャは砂糖が沢山入り過ぎていているものもあるので気を付けましょう

まとめ

スーパーでも手軽に買うことができ、オシャレ感もあるコンブチャ。オーストラリアではすでに市民権を取得していますね。

市販されているものはいろいろなフレーバー付きが多く見られ、とっても飲みやすいです。そこで気を付けたほうがいいのが砂糖添加の有無。砂糖が加えすぎだと、せっかく健康のために飲むのに本末転倒です。

パースのスーパーやカフェで売っていているコンブチャは紅茶が主流ですが、今回コンブチャの効能を調べていくうちに緑茶から作られたコンブチャの効果が素晴らしいことに気が付きました。

緑茶 x コンブチャ

抗酸化作用が強い緑茶との組み合わせがいろいろな効果を発揮して健康を促進している研究結果が最近出されているのですね。

今後の新しい発見に期待したいです。

けい
けい

わが家のコンブチャもあと1-2週間で飲めるようになるはずなのでその時またレポートしたいと思います。

参考:https://www.healthline.com/nutrition/

コメント

タイトルとURLをコピーしました